ゴルフのキャディバッグについて

ゴルフクラブやゴルフボールを持ち歩くバッグのキャディバッグはカート型バッグとスタンド型バッグの2種類があります。

カード型バッグはしっかりした作りで収納力があります。プロゴルファーもよく使用するタイプのキャディバッグです。スタンド型とは異なり足がついていないので、地面に直立します。スタンド型バッグは、バッグから足が出ているので、倒れにくく軽量で持ち運びにとても便利です。軽量なキャディバッグの方が持ち運びが楽で、コースを回ってる時でも疲れずに済みます。

18ホール分歩き回るので、さらにアマチュアはツアープロと異なり自身でキャディバッグを運ばないといけないので、重さも大きなポイントです。カート型バッグは収納力もあり大きく重めな特徴があります。なかにはカート型の中にもナイロン素材を使用して軽量化を図っているキャディバッグもあります。

スタンド型は軽く持ち運びがとても便利ですが、カート型に比べて収納力が低いということもあります。