ゴルフでのバンカーの難しさ

ゴルフをはじめて最初の関門は誰が何といってもバンカーだと思っています。

バンカーにボールを入れてしまったら、たいていは一発ででればいいと思ってしまいます。しかし、トッププロの人達はアマチュアには考えられないようないろいろな打ち方を身につけていて、状況によってそれを打ち分けているというのです。プロなのだから当然と思ってしまえばそれまでのことですが、それにしても砂の上のボールに強いスピンをきかせたり、ランを多くしたり、あるいはソフトに打つことができるのは、私たちが考えているよりもはるかにすごい技術なのです。

バンカーショットは難しいショットなので脱出への不安感は常につきまといます。この不安感のために、ことさら力みすぎたり、あるいは飛び過ぎの不安からインパクトで急にクラブヘッドの動きをゆるめたりといったように心理的な圧迫に負けてしまって、スイングやタイミングがフェアウエイで打つのとまったく違うものになってしまうのです。