ゴルフクラブを利用したスイングの改善法

ショットの目的は目標とする地点にボールを送り届けることです。

どのクラブであっても、距離ばかりではなく、目標をとらえるための正確なコントロール性が必要となります。その目的を達成する基本となるのが、目標地点へのラインを正確に意識することです。

練習用の打席ではマットや隣の座席との仕切り線があるので、直線のイメージがつくりやすくなっています。

それよりもさらにしっかりと目標線を意識するためには、ボールと目標を結んだ線に合わせてほかのクラブを地面に寝かせてみます。

これを目印として、それに合わせて立つようにして、スタンスや肩の向きを合わせていきます。

これによって目標を狙うのが容易になります。

ほかのクラブを寝かせた練習法はスイングを正確にするのにも役立ちます。

ここでは2本のクラブを使い、1本を目標線と平行に寝かせたら、そのクラブと直角にもう1本のクラブをボールを起点として自分の方向に寝かせ、そのクラブに左足のかかとの内側を合わせます。

この位置がドライバーでボールをとらえるための基本の位置となります。