ゴルフとモグラのルールについて

日本でゴルフをプレーしていてあまり経験することはありませんが、ゴルフは自然の中で楽しむスポーツです。

日本では、カラスや猿なとをゴルフコースでよく見かけますが、海外の地方コースだと、ゴルフコースにモグラが出没する機会が沢山あります。その為、もぐらもゴルフの障害物としての認識が高まっている為、モグラを無理に駆除するような考えはありません。あるがままプレイする事がゴルフの基本理念ですが、モグラの穴や、モグラが穴を掘った後にできる盛り土がスイングの障害、スタンスの障害になってしまう場合には、ペナルティ無しでニヤレスポイントにボールをドロップする救済を受ける事ができます。ホールに近づかない事と、クラブの長さ以内というルールはありますが、モグラの為にわざわざルールがあるのが、モグラを排除しないようにという紳士のスポーツの面白い所です。

海外のコースでプレーするときは、モグラで慌てないようにモグラの対処法を覚えておく事が良いです。