ゴルフボールをドライバーで遠くに飛ばすために

ドライバーの目的はボールを遠くに飛ばすことですが、それを狙うあまりに腕に力が入りすぎてはいないでしょうか。

ここで大切なのは、腕に力を入れたからと言ってボールが飛ぶわけではなく、むしろ力の入れすぎが飛ばない原因になってしまう、という発想の転換です。

ボールを遠くに飛ばすために必要になるのはあくまでもヘッドスピードです。

ボールを強くたたくことではありません。ボールを強くたたこうとする意識が強すぎると、顔をボールに向けてしまいがちになり、体の回転が不足して腕だけでボールを打つことになってしまいます。

大切なのは、飛球線に対してボールの後ろのあたりまで左肩が来るくらいに上体をひねることです。

これによってヘッドスピードが上がり、飛距離に結びつきます。

そして下半身を踏み込む際には、一瞬クラブをトップで静止させるようにして、バックスイングからトップ、ダウンスイングへとリズミカルに体を移行させていくことが大切になります。